読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USBに保存できない

Linux

USBの容量が空いているのに、書き込みができなくなった。

どうやらUNIXの仕様の問題らしい。

 

UNIX系のOSでは、USBに書きこむ場合、inodeと実データを記録するらしい。

inodeには以下の情報がある

  • ファイルの所有者
  • ファイルのアクセス権
  • サイズ
  • 作成日時
  • 実データの場所

このinodeには記録上限があり、実データだけ消していると、空き容量があるのに書き込めない状態になる。

 

USB中のinodeは以下のコマンドで確認できる。

df -i

 

もし、inodeのせいで書き込めなくなったら、消すとよい。私の場合は、USBの中に隠しファイルがあり、そこがinodeだった。普通にrmで消して問題ないようだ。

 

割と毎日使っているけど初めて知った(汗)

まだまだ勉強不足ということか。